新着情報

◆2016/09/28
ガラス修理のことがもっと知りたい!自動車ガラスの豆知識の情報を更新しました。
◆2016/09/28
ガラス修理では解決できない傷!交換だと高くなってしまう?を新規投稿しました。
◆2016/09/21
ガラスが割れても安心!ガラス修理に対する補償がありますの情報を更新しました。
◆2016/09/21
運営者DATAの情報を更新しました。
◆2016/09/21
SITEMAPSの情報を更新しました。
自動車のガラスに関するトラブルも多いと思うのでそこらへんの情報も纏めていくサイト ガラスのトラブルといえば、家のガラスだとは思うのですが、自動車のガラス関連のトラブルもなかなかに多いと思いますので、当サイトでは自動車のガラスが割れたときに修理をお願い出来る業者の情報などを纏めていきたいと思います。 ガラス修理

ガラス修理のことがもっと知りたい!自動車ガラスの豆知識

自動車のガラスにも特殊な構造があります。傷から守る為のコーティングなど、破損が起きにくくなるような仕組みになっているので

ガラス修理では解決できない傷!交換だと高くなってしまう?

no_image

ガラス修理では補修で解決できるものと、ガラス自体を交換しなければならないこともあります。車のフロントガラスでは、ガラスに

ガラスが割れても安心!ガラス修理に対する補償があります

車のガラスが割れてしまって何度も修理をしたことがある人もいるかもしれません。 その度に費用がかかり、かさんでいってしま

ガラス修理のことがもっと知りたい!自動車ガラスの豆知識

自動車のガラスにも特殊な構造があります。傷から守る為のコーティングなど、破損が起きにくくなるような仕組みになっているのです。使用用途にあったガラスを選べるようにガラスの性質を紹介するとともに、傷がついてしまう理由を挙げていきます。

ガラス修理の際に今までのガラスでいいのか迷っている人に、ガラスの総合的な知識の参考にしてください。

抄録→ガラス修理 http://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/glas/

■ 自動車ガラスの構造と性質をもっと良く知る
自動車のガラスは、運転する時の視界を良好なものにしたり、急な飛び石などの障害物から運転者を保護する役目があります。また、激突事故の時に衝撃を吸収し、運転者と衝突物の間のクッションの働きをすることにより、運転者のけがの防止と安全を実現しています。

ガラスが割れて修理に出した時にもう一度自分の車のガラスのことについて考え、元に戻すのはもちろんですが、種類、性質が本当にこのままでいいのかということを見直す必要があります。車に使われるガラスには2つのものがあります。1つは、合わせガラスです。

主にフロントガラスに使用されているガラスで、2枚のガラスを重ね合わせて間に柔軟で強靭な性質をもっている中間膜を挟み込み加熱接着を行ったものです。事故の時にガラスに人の体がぶつかった時に、その衝撃を中間層が和らげて、吸収してくれるので大きなけがに繋がるのを防いでくれます。

そして、割れにくいという特徴も合わせ持っています。もう1つは、強化ガラスです。その名の通り、強いガラスであり、主にサイド面やリアガラスとして使用されています。ガラス自体を700℃近くまで加熱を行い、空気で急激に冷やすことにより、ガラス表面に外部からの圧力に対応できるように圧縮応力層を形成したものです。

強化ガラスは衝撃抵抗力が強く、普通のガラスの3~5倍の強度があります。急激な温度変化にも強く、対応することができ、170℃くらいまで耐えることができるので事故や、火事場でも人体を守ってくれます。運転の初心者や高齢の方には万が一のことを考えて強化ガラスを使用することをおすすめします。

ガラスが強かったから、重傷には至らなかったということも十分ありえるからです。

■ ガラスに傷がついてしまう理由について
小石などが飛んで割れる以外にもガラスが傷つく理由があります。ガラスの汚れを拭き取る時に、砂やホコリが付着している時に汚れたふきんや雑巾で無理に拭くと傷をつけてしまいます。また、自分の手で洗車をする時には、腕につけているアクセサリーなどの固いものがガラスに当たらないように気をつけなければなりません。

ガラス修理のことがもっと知りたい!自動車ガラスの豆知識

そして、ワイパーを使う時にもガラス表面に泥や汚れが付着しているとガラスに傷をつけてしまいます。ワイパーを使う時には、付着しているものをよく拭き取った後でウォッシャー液を出してから作動させるようにしましょう。次にサイドウィンドウを開け閉めするときに、ガラスが入っていく下部にあるモール部分に溜まった砂や石によってその度にガラスが傷つく恐れがありますので、小まめに洗いきれいにしておきましょう。

最後に、サイドウィンドウを半分開けたままでの物の出し入れや、ガラスにもたれかかるなどガラスに負担をかけるのも、傷や割れの原因になりますので、力を加えたりするのは厳禁です。割れてしまいガラス修理はしなければなりませんが、次からはしなくていいようにその原因を考えて未然に防ぎ、修理費用を抑えるようにしたいものです。