閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. ガラス修理後も安心!責任施工制度って知っていますか?
    2. ガラス修理の落とし穴!知らず知らずのうちにガラスに傷をつけているかもし…
    3. ガラスのヒビ、どうしてますか?修理はすぐに頼みましょう!
    4. ガラスが割れても安心!ガラス修理に対する補償があります
    閉じる

    自動車のガラスに関するトラブルも多いと思うのでそこらへんの情報も纏めていくサイト

    ガラス修理の落とし穴!知らず知らずのうちにガラスに傷をつけているかもしれない

    車を使用している間、知らず知らずのうちにガラスを傷つけている可能性があります。雨の日や雪が降った時には、前面の視界を良好にするために、ワイパーを使わなければなりません。ワイパーを使うと運転時に悪天候でも視界に支障は出ませんが、ガラスをワイパーでこする時に傷がついているといったことが考えられるのです。

    ガラスとワイパーの摩擦による傷をなくし、ガラス修理を防ぐために加工のやり方を紹介していきます。

    ■ワイパーとガラスコートを施すことによってガラス傷を防ぐ
    ワイパーはシリコンでできています。作動してガラスをこすることによって、ガガガという詰まったような音が出るとガラス傷の原因になります。それを防ぐには、ワイパーのシリコンを小まめに取り替えなければなりません。古くなっていると、クッション性もなくなり摩擦も大きくなるため傷もつきやすくなるのです。

    また、研磨剤を使用してフロントガラスの汚れや油などを丁寧に洗って取り除くのも効果的です。そこにベースコート剤を塗り前面にむらなく広げていきます。乾いた布などで拭き取り、乾かした後ベースコートを塗る作業を2回ほど繰り返します。最後に濡れたタオルでそれを拭き取った後、乾かして新しくしたワイパーを取り付ければ完成です。

    業者に依頼すれば、約1時間ぐらいでスムーズに行うことができます。この保護作業については2年くらいが目安になり、2年後はまた同様の作業を行った方がいいです。原因不明だったガラスの傷は、もしかしたらワイパーとガラスの摩擦に原因があるかもしれません。

    なかなか気づきにくい点もあるので、定期的に車を洗車するようにしその際に、ワイパーの状態と作動確認をして見て、外から客観視してみるのも大事です。

    関連記事

    1. ガラスが割れても安心!ガラス修理に対する補償があります

    2. ガラスのヒビ、どうしてますか?修理はすぐに頼みましょう!

    3. ガラス修理後も安心!責任施工制度って知っていますか?

    ピックアップ記事

    1. 車のガラス修理を修理業者で行った場合、補償があれば安心ですが補償をつけなくても、安心できます。それは…
    2. 車を使用している間、知らず知らずのうちにガラスを傷つけている可能性があります。雨の日や雪が降った時に…
    3. ガラスにヒビが入ってしまったら、私たちはまずどうしなければならないのでしょうか?■小さなヒビ…
    4. 車のガラスが割れてしまって何度も修理をしたことがある人もいるかもしれません。その度に費用がかかり…
    ページ上部へ戻る